コロナウイルスが終息したらカマキリを探しに海外へ向かう予定です!

長崎県の舞岳古城跡で写真さんぽ:琴海形上町

写真さんぽ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!かまきり3です。今日は琴海形上町にある舞岳古城跡に来ています。(画像①)ネットで調べても全くヒットしない謎な場所ですが、ちょっと気になるのでさんぽしていこうと思います。

雲行きが怪しい…気がしますが、まぁ大丈夫でしょう!

画像①

グーグルマップにも載ってないので大体このへん。

ビミョーな天気だけど行ってみよう!

入口

こっからひたすら1キロ歩いていきます。

進行中

これは結構な山道な予感。昨日一日中雨だったので道はかなり濡れております。転ばぬよう注意していきますよ。(^^)

突然森の中

早速神隠しに合いそうです。。暗いし寒いっす。

そして鼻歌の始まりです。とにかく野生動物たちに存在を知ってもらわなければならないので、これは必須です。(笑)
風が強くなってきた!半袖にパーカーで来たのはミスだったかなぁ~。

こういう道で一キロ歩くって結構大変な気がしてきました。地面もドロドロしてますし。

歩いていると時々風に交じって甘い匂いがしますが、いったい何なのか?樹液というより木の実っぽいです。ちょっと気になる。

ゴツゴツしていて、ちょっと模様がある。謎。。謎である。

そんなこんなで歩いていると見晴らしのいいところにやってきました。やっぱり明るいほうが良い!大村湾もしっかり見えます。

右手にみかん?の木を発見。これが甘い香りの正体だったのか?どうだか分かりませんがまぁいいです。何故か実がすべて落っこちています。傷物なのかな。

みかん
大村湾と旭ヶ丘ニュータウン

この間さんぽした大平町の旭ヶ丘ニュータウンが奥に見えます。

(大平町編はこちら→https://kamakiri3.com/travel-blog/oohiramachi1)

また山道に来てしまった。トコトコ歩いていると気になる看板が。。むむ!なるほど。でも車で来れたとしてもこんな狭い道走りたくはないです。

入口から10分くらい来ました。なかなか大変な道でしたが意外と早く着きそうです。
ラストスパート、気合い入れていきます。

危険な予感

おっとおっと、、イノシシでしょうか。そりゃあ山なのでいるでしょうけど、ちょっと怖いですね。出逢わんようにしっかり対策!(鼻歌)

石の階段

もう三分の二くらいのとこまで来たところで階段があらわれました。滑らないように気を付けながらいっきに駆け上がって行くと、桜とツツジがある少し開けた場所に着きました。てっきりもう到着するのかと思ていましたが、まだ道が続いています。

道沿いのツツジ

これは一応道です。この道モドキを進んでいくと、目的地舞岳古城跡に到着!ここまで来るのに大体20分くらいかかりました。近すぎず、遠すぎずで丁度いい距離だった感じです。

城跡にある神社

僕はなかなか面白い頭を持っているようで、こんな山の山頂に大阪城並みにデカい何かがあるを想像していました。『そんなわけあるかい!』と、今は思います。

城跡には城の代わりに毘沙門天王と書かれた神社がありました。今にも雨が降り出しそうな天気のおかげで良い雰囲気が出てます。とてもカッコイイでっす!

鳥居をボーっと眺めていると、『ボオォォーーーー!!』っと恐ろしいほどの強風が吹いてきました。寒くて城跡どころではないので帰ることに、、したのですがその直後に『ザアァァーーーー!』っと強く雨が降りつけてきました。
タイミングが悪い。。

雨宿り

どうしようもなくなったので、一度木の下で雨宿り。3分くらいしたら弱まってきたので気を付けながらダッシュ

最初の場所

なんとか生還しました。寒いしクタクタなので、ちゃちゃっと帰ります!

さんぽした感想。

雨のせいで地面がドロドロしていましたが、晴れていれば快適です。

ここに来る前にもっとこの場所の歴史について学んでくれば、何倍も面白く歩けたんだろうなぁ~と思いました。

距離的にはゆっくり歩いても1時間あれば行って帰ってこれるので散歩には良いかなと思います。ただ野生動物の対策はしっかりしたほうが良いですね。

景色はほとんど綺麗な森なのですが、眺めの良い開けた場所もところどころあっていい感じです。桜のエリアも満開だったらさぞかし綺麗だったでしょう。城跡にある神社もカッコよかったです。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました