コロナウイルスが終息したらカマキリを探しに海外へ向かう予定です!

『後のことは任せた。。』ジバクアリ【昆虫物語】

昆虫ブログ
この記事は約5分で読めます。

ジバクアリという恐ろし気な昆虫が、マレーシアやブルネイなどの東南アジアの熱帯雨林に生息しています。

実はこのアリにはまだ和名はなく、ジバクアリという名前はその衝撃的な生態からつけられた通称で、別名ではバクダンオオアリと呼ばれていたり、海外ではkamikazeant(カミカゼアリ)という名前で呼ばれたりしています。

ということで!今回はこのアリがジバクアリと呼ばれるようになったわけを、その他の生態や特徴に注目しながら説明していきます!

ジャングルの樹木に棲むジバクアリ

東南アジアのうっそうしたと熱帯雨林の中に、このアリたちはひっそりと生息しています。

50m以上ある木の穴の中に巣を作り、女王を中心としたコロニーを形成しつつ、他の肉食性のアリと同じように、獲物をしとめながら日々生活しています。

体全体が赤っぽく、体長は5mmと少し小柄です。

ジバクアリの家

~ジバクアリの役職~
ジバクアリと一言に言っても、働きアリが女王アリのお世話をするように、それぞれに決まった仕事があり、それによって大きさや特徴が違ってくるのです。ジバクアリと一般的に呼ばれているのは、敵に襲撃されたとき、真っ先に突撃する役目を持ったジバクアリのことをいいます。また、ジバクアリの中には『ドアキーパー』と呼ばれる仕事があります。ドアキーパーのアリたちは、自分の巣に外敵が入ってくるのを防ぐため、巣の出入り口を頭で塞ぐという面白い方法で仲間を危機から救うことが出来ます。

~ジバクアリ発見の歴史~
爆発するアリに関してはもう100年以上前から知られており、観察はされていましたが、どのくらいの種類がいるかなどは分かっていませんでした。しかし1970年代になってからマレーシアやブルネイで発見されるようになり、2014年には昆虫学者や植物学者などで構成された研究チームによって、ジバクアリは少なくとも15種類は存在するとの結論に至りました。

ジバクアリの戦い!

巣の中でいつも通り仕事をしていたジバクアリたちが突然あわただしく動き始めました。

そのころ巣の外では、ジバクアリを捕食するため、体の大きい肉食のアリが巣に侵入しようとしているところでした。

進行してきたアリの体長はジバクアリの3倍くらいの大きさで、巣に入られれば仲間もろとも全滅させられてしまいます。

~アリ同士の戦い~
アリの種類によりますが、巣やえさを奪い合って戦うことがあります。同じアリ同士で争うこともあれば、違う種類のアリと戦いになることもあります。どちらにしても、自分か相手の体がちぎれるか、死んでしまうまで戦い続けるのです。

クロヤマアリの決闘

敵を道ずれに仲間を守る。。

このままでは女王や多くの仲間が危険にさらされるため、なんとしても敵の侵入を阻止しなければなりません。

しかし、自分よりずっと大きい相手にジバクアリたちはどう立ち向かっていくのでしょうか。

そしてついに、このアリが『自爆アリ』と呼ばれる理由が明らかになります。

自爆!
敵アリA
敵アリA

よーし!

獲物の巣穴はすぐそこだ!

俺にしっかりついて来いよ!

そうすれば今日のディナーはごちそうだ!!

特攻隊A
特攻隊A

よく来たな。。

残念ながらここを通すわけにはいかないんだ。。

仲間を守るために、お前たちにはここで死んでもらう!

最後に面白いものを見せてやるぜ!!

・・・ドカーン!!

敵アリA
敵アリA

なんだこれは!?くっついて離れないぞ!

ク、苦しい。。やられた。。

・・・バタ。

なんとジバクアリは自分の体を破裂させて、体内にため込んでいた液体を放出させました。

それに触れたアリたちは苦しみながらバタバタと倒れていきます!

ジバクアリは自分の命と引き換えに、多くの敵アリを道ずれにしたのです。。

~ジバクアリの爆発のしくみ~
【仲間を守る役目を持ったジバクアリたちは、敵に襲撃されたり刺激されたりすると、腹筋を収縮させて、大顎腺(おおあごせん)と呼ばれる体の一部を、自ら破裂させるのです。】

~毒の特徴~
【ジバクアリの大顎腺は他のアリに比べて遥かに大きく、その中いっぱいに毒が入っています。雨季は明るい白色、乾季と雨季の間にはクリーム色に変化するこの不思議な毒には、粘着性や腐食性、それにカレーのスパイスに似たような強烈な刺激臭があるため、爆発に巻き込まれた虫たちはこの臭いに苦しみながら、くっつく毒を振り払うこともできずに死んでしまうのです。しかし、効果があるのは昆虫のような小型の生き物だけで、人間に対してはそれほど害はありません。ですが、体を破裂させるというのは人間で例えると、腹筋のチカラだけで内臓をパンクさせるようなものなので、それを実際やってのけるジバクアリの精神力には、小さな虫といえども圧倒されてしまいますね。】

敵アリB
敵アリB

くっ。。ここまで来て引き下がれるか!

巣穴目掛けて突っ込むぞ!

特攻隊A
特攻隊A

ドアキーパー、、後は頼むぞ。。

巣穴を守るドアキーパー!

ジバクアリの爆発を避けながら、何匹かの敵アリが巣に入ろうと突進してきます!

このままだと巣の中に侵入されてしまいますが・・・

ここで!ジバクアリ第二の壁、ドアキーパーの登場です!

ドアキーパー!
敵アリB
敵アリB

巣に入ればこっちのもんだ!

お前ら!俺につづけー!

ドアキーパー
ドアキーパー

お前たちにくれてやる仲間はいないんだ。

ここから先には絶対に行かせない!

敵アリB
敵アリB

『!?』巣穴が消えた。。?

どうなってる!!

特攻隊B
特攻隊B

俺たちの勝ちだ。

くらえ!!

・・・ドカーン!

敵アリB
敵アリB

ウワーー!

て、撤退だーー!!

巣穴を塞ぐドアキーパーと特攻隊の爆発によって、

強大な敵アリたちに勝利することができました!

ジバクアリの勇気ある行動が多くの仲間たちを救ったのです。。

【『自爆するアリ』ジバクアリは、愛する家族を守るため、まさにこの時も、熱帯ジャングルの木の上で戦い続けているのです。】

ジバクアリが見てみたい!

こんにちは!筆者のかまきり3です。

僕はこのジバクアリの記事を書き終えて、ますます実物を見てみたくなりました!読み終えた方に同じように思ってくれた方がいたらとても嬉しいです(^^)

コロナが落ち着いて、外国にも行けるようになったら実際に見に行こうと思っています!その時は絵だけではなく、写真を使ってもっと詳しく書きたいですね^^それではまた次の記事でお会いしましょう!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました